写真:古屋均
1983年
説経節二代目若松若大夫に入門。若松政太夫の名を許される。
以降二代目若太夫と共に舞台を勤める。
1988年
テイチクレコードより若太夫と共に「小栗判官矢取りの段」「しんとく丸」を吹き込む(小栗判官、しんとく丸の三味線手付けの補曲を受け持つ)
1989年
ベルギー「ユウロパリアJAPAN」に出演。シャルロワ、ルーバン、ブリュッセルにて公演。
1993年
人形劇団、演劇劇団と共演を始める。
1996年
遊行寺にて、遊行歌舞伎「小栗判官照手姫」(白石征、作・演出)に出演。
以後、「太平記」三部作、「一遍聖絵」等、現在まで毎年の公演に出演。
宮沢賢治「二十六夜」を遠藤啄郎演出でうつし絵にて上演。
1997年
中野planBで説経節の古典伝承を目的に月一回の12回連続公演開始。
1998年
中野planBで古典を踏まえた新しい説経節を求めて6回連続公演開始。
1999年
若松政太夫から説経節政太夫に改名し現存する最も古いテキスト「せっきょう・をくり」を演出家・遠藤啄郎氏の演出により公演を開始する。
2002年
「語り・現代の説経節」とはどういうことかを考え舞台を休演する。
2005年
遊行寺・長生院等で新しい語りを目指して演奏を再開する。
2006年
横浜ボートシアター「賢治讃え」のうち「土神と狐」「洞熊学校を卒業した三人」の音楽を担当。
2009年
舞踏家ケイタケイ氏らと「OGURIとTERUTE」上演。
遊行寺本堂にて遊行舎と「しんとく丸」上演。
「OGURIとTERUTE」でルーマニア上演。
2010年
「極楽金魚」上演。
2014年
『説経「愛護の若」より 恋に狂ひて』上演。

 

現在、「をくり」縁の土地での連続公演を企画中。